Angular 入門

ホーム > React の基礎 > マテリアルデザインライトの適用方法

マテリアルデザインライトの適用方法

React でフォームを使う」では、 フォームを扱いました。

そこで扱ったフォームの見た目は次のようなものでした。

確かに動くのは良いのですが、さすがに格好悪すぎですよね。見た目がこんな感じでは、結局 React なんて使えないんじゃないの?と、不安になります。

そこで、この記事では React そのものの話題ではないのですが、Google の UI ライブラリ Material Design Lite (MDL) の適用方法を説明します。 MDL で美しい UI にして、見栄えはあとから簡単にどうにでもなる、ということを確認しましょう。

React でフォームを使う」を書き換えて、 次のような UI にします。

MDL の適用方法

まずは次の4行を public/index.html に追加します。

<link rel="stylesheet" href="https://fonts.googleapis.com/icon?family=Material+Icons">
<link rel="stylesheet" href="https://code.getmdl.io/1.3.0/material.indigo-pink.min.css">
<script defer src="https://code.getmdl.io/1.3.0/material.min.js"></script>
<link rel="stylesheet" href="https://code.getmdl.io/1.3.0/material.indigo-pink.min.css" />

最後の行は色合いを指定している箇所です。indigo と pink の組み合わせの他にもいろいろあって、次のページから色を選べば簡単に下のように配色が変更できます。

MDL カスタマイズ

この例では material.amber-cyan.min.css を選択しています。

次に HTML 要素にタグ付けをしていきます。

React に合わせて classclassName に、 forhtmlFor にするなど、する必要がありますが、 基本的に素直にタグやラベルを追加していくだけです。

import React from 'react';

export default class Form2 extends React.Component {

  constructor(props){
    super(props);
    this.state = {
      usstate: props.initState,
      desc: 'This is for a text area.'
    };
    this.onChange = this.onChange.bind(this);
    this.onSubmit = this.onSubmit.bind(this);
    this.onTextAreaChange = this.onTextAreaChange.bind(this);
  }

  onChange(e){
    console.log(e.target.value);
    this.setState({ usstate: e.target.value});
  }

  onSubmit(e){
    e.preventDefault();
    console.log("onSubmit");
    console.log(this.state);
  }

  onTextAreaChange(e){
    this.setState({ desc: e.target.value });
  }

  render() {
    var states = [
      { code: "CA", name: "California" },
      { code: "HI", name: "Hawaii" },
      { code: "TX", name: "Texas"},
      { code: "WA", name: "Washington"} ];
    var options = states.map(
      (n)=>(
        <option key={n.code} value={n.code}>
          {n.name}
        </option>
      )
    );
    var formStyle = {
      padding: 20
    }
    return (
      <form onSubmit={this.onSubmit} style={formStyle}>
        <div className="mdl-textfield mdl-js-textfield mdl-textfield--floating-label">
          <select
            className="mdl-textfield__input"
            id="select1"
            value={this.state.usstate}
            onChange={this.onChange}>
            {options}
          </select>
          <label
            className="mdl-textfield__label"
            htmlFor="select1">U.S. State</label>
        </div>
        <div>
          <div className="mdl-textfield mdl-js-textfield mdl-textfield--floating-label">
            <textarea
              type="text"
              rows="3"
              id="textarea1"
              className="mdl-textfield__input"
              value={this.state.desc}
              onChange={this.onTextAreaChange}/>
            <label
              className="mdl-textfield__label"
              htmlFor="textarea1">Description</label>
          </div>
        </div>
        <div>
          <button
            className="mdl-button mdl-js-button mdl-button--raised mdl-button--colored"
            type="submit">OK</button>
        </div>
      </form>
    );
  }
}

以上で、イベントハンドラ等のプログラムは書き換えることなく、JSX を書き換えるだけで UI を「アップグレード」できることが確認できました。

ホーム > React の基礎 > マテリアルデザインライトの適用方法