Angular 入門

ホーム > React Native > ボタンを押してトーストを表示 (React Native|Android)

ボタンを押してトーストを表示 (React Native|Android)

ここではボタンを押して、トーストが表示してみましょう。

具体的には次のような画面になります。

画面上部に水色の背景でタイトルを表示して、その下の開いている部分の中央にボタンが配置してあります。

このボタンを押すと、次のようにトーストが表示されます。

トーストというのは Android の通知メカニズムの一つです。詳細についてはアンドロイド入門の「通知」 などを参考にしてください。

ちなみに Android のトーストメッセージは小さなポップアップとしてユーザーにちょっとした情報をフィードバックするだけなのに対して、 スナックバー というのもあります。

それではさっそく、これを実装する方法を説明します。

ポイントは主に「トーストの表示方法」、「ボタンや見出しのレイアウト」、「ボタンへの応答」です。

Toast の表示

トーストを表示するには react-native-simple-toast パッケージを使うと簡単です。

次の手順でインストールし、依存ファイルをリンクします。

$ npm install react-native-simple-toast --save
$ react-native link react-native-simple-toast

ソースコードでは次のように Toast を取り込みます。

import Toast from 'react-native-simple-toast';

これによって Toast.show(...) とするだけでトーストが表示されます。

Button の応答は onPress で

先に出来上がりのコードを示すと、次のようになります。ボタンを押したときの応答は ButtononPress で行われます。

import React, { Component } from 'react';
import {
  AppRegistry,
  Button,
  StyleSheet,
  Text,
  View
} from 'react-native';
import Toast from 'react-native-simple-toast';

export default class myapp1 extends Component {
  render() {
    return (
      <View style={styles.container}>
        <View style={styles.header}>
          <Text style={styles.title}>Button/Toast</Text>
        </View>
        <View style={styles.body}>
          <Button
            style={styles.button1}
            title="Click me!"
            onPress={()=>Toast.show('This is a toast!')}/>
        </View>
      </View>
    );
  }
}

const styles = StyleSheet.create({
  container: {flex: 1, flexDirection: 'column'},
  header: {alignItems: 'center', backgroundColor: 'skyblue', padding: 8},
  title: {fontSize: 24, fontWeight: 'bold'},
  body: {flex: 1, alignItems: 'center', justifyContent: 'center'},
  button1: {fontSize: 40},
})

AppRegistry.registerComponent('myapp1', () => myapp1);

レイアウト

コードは上記に書いた通りですが、スタイルを直書きすると次のようになります。flexalignItemsjustifyContent などがポイントです。

  render() {
    return (
      <View style={{flex: 1, flexDirection: 'column'}}>
        <View style={{alignItems: 'center', backgroundColor: 'skyblue', padding: 8}}>
          <Text style={{fontSize: 24, fontWeight: 'bold'}}>Button/Toast</Text>
        </View>
        <View style={{flex: 1, alignItems: 'center', justifyContent: 'center'}}>
          <Button
            style={{fontSize: 40}}
            title="Click me!"
            onPress={()=>Toast.show('This is a toast!')}/>
        </View>
      </View>
    );

ここでみたように、ボタンの表面の色などは指定していないわけですが、Android の標準的な色になっています。 Cordova などのハイブリッドアプリでは、ボタンに何も指定しなければ HTML のデフォルトの味気ないグレーのボタンになります。

React Native は WebView 内のアプリケーションではなく、JSX のコンポーネントがネイティブコンポーネントに置き換えられるために、 基本的な配色であればわざわざ UI ライブラリを別途利用する必要がありません。

この点は大変便利ですね。

以上、ボタンへ応答してトースト通知を表示する方法を紹介しました。

ホーム > React Native > ボタンを押してトーストを表示 (React Native|Android)