Angular 入門

ホーム > React Native Elements > React Native Elements のプロジェクト設定

React Native Elements のプロジェクト設定

React Native Elements は近年特に人気が高まってきている React Native 用の UI フレームワークです。

React Native Elements を利用するためには、次のような手順です。

まずは react-native-vector-icons パッケージをインストールして、 react-native link コマンドで Android、iOS 用の必要な依存ファイルを取り込みます。

$ npm install react-native-vector-icons --save
$ react-native link react-native-vector-icons

次に react-native-elements をインストールします。

$ npm install react-native-elements --save

以上を設定した上で次のコードで下のスクリーンショットのようになれば OK です。

import React, { Component } from 'react';
import { AppRegistry, View, Alert } from 'react-native';
import { Button, Icon } from 'react-native-elements';

export default class myapp2 extends Component {
  render() {
    return (
      <View style={{flex: 1, justifyContent:'center', alignItems: 'center'}}>
        <Button
          large
          backgroundColor='#009688'
          icon={{name:'android'}}
          title='Hello!'
          onPress={()=>Alert.alert('Hello!','This is a message.')}
        />
      </View>
    );
  }
}

AppRegistry.registerComponent('myapp2', () => myapp2);

このようにアイコン付きのボタンが表示され・・・

ボタンをタップすると次のような簡単な Alert メッセージが表示されます。

Button は React Native Elements のコンポーネントになっています。正しく動作しました。

ホーム > React Native Elements > React Native Elements のプロジェクト設定