Angular 入門

ホーム > React Navigation > スタックナビゲータの使用方法

スタックナビゲータの使用方法

ここでは次のような画面を作成します。

まずスクリーン1があります。そこにテキストの入力フィールドとボタンがあります。

適当な文字、例えば "ABC" などと入力して、ボタンをタップします。

すると、次の画面 スクリーン 2 に切り替わります。

スクリーン2ではスクリーン1で入力した文字が表示されています。

スクリーン2の左上にある戻る矢印ボタンをタップすると、元の画面に戻ります。

このように、元の画面の上に新しい画面が積み重なり、「戻る」という動作で新しい画面が取り除かれて元の画面に戻る、 という形式のナビゲーション実装します。

これは React Navigation ではスタックナビゲータ (StackNavigator) で実装できます。

React Navigation の準備

それでは新規で React Native のプロジェクト (ここでは nav1 という名前にします) を作成して、それに React Navigation を組み込みます。

React Navigation は npm で react-navigation をインストールします。

$ react-native init nav1
$ cd nav1
$ npm install react-navigation --save

React Navigation を組み込む準備はこれだけです。

エミュレータで作成した新規プロジェクトを実行しておきます。

Linux (Ubuntu) では次のコマンドです。ターミナルを新しく開き・・・

$ cd $ANDROID_HOME/tools
$ emulator -list-avds
...
foo
...
$ emulator @foo &

このようにして、エミュレータを起動します。

そこで、元のターミナルで・・・

$ react-native run-android

StackNavigator の実装

さてここから本題です。

上で作成した nav1 プロジェクトを開きます。

まず App.js を新規で作成します。中身は後で書きますので、空でいいです。

次に Android 向けと iOS 向けのプログラムのコードは同じなので、index.android.jsindex.ios.js を先ほど作成した App.js を取り込むように、次のように書き換えます。

スクリーンショットのエディタは Atom です。

import './App';

このように準備した上で App.js を次のように書きます。

import React from 'react';
import {
  AppRegistry,
  Button,
  Text,
  View,
  TextInput
} from 'react-native';
import { StackNavigator } from 'react-navigation';

// SCREEN 1
class Screen1 extends React.Component {
  static navigationOptions = {
    title: 'SCREEN 1',
  };
  constructor(props){
    super(props);
    this.state = { myinput: '' };
  }
  render() {
    const { navigate } = this.props.navigation;
    return (
      <View>
        <Text>SCREEN1</Text>
        <TextInput
          onChangeText={(t)=>this.setState({myinput: t})}
          value={this.state.myinput}
        />
        <View style={{alignItems: 'center',}}>
          <Button
            onPress={()=>navigate('SCREEN2', { text1: this.state.myinput })}
            title="Go to Next"
          />
        </View>
      </View>
    );
  }
}

// SCREEN 2
class Screen2 extends React.Component {
  static navigationOptions = {
    title: 'SCREEN 2',
  };

  render(){
    const { params } = this.props.navigation.state;
    //var params = this.props.navigation.state.params;
    return (
      <View>
        <Text>PARAM: [{ params.text1 }]</Text>
      </View>
    );
  }
}

const MyApp = StackNavigator({
  SCREEN1: { screen: Screen1 },
  SCREEN2: { screen: Screen2 },
});

//export default MyApp;
AppRegistry.registerComponent('nav1', () => MyApp);

ここではスクリーン 1, 2 として、コンポーネントを二つ作成しています。

それぞれで navigationOptions にオブジェクトを設定することで、画面のタイトルが設定できます。

StackNavigator のオブジェクト作成時には、「ルート設定オブジェクト」 (RouteConfigs) を渡します。 ルート設定オブジェクトは画面遷移のキー (ルート名) とスクリーンとコンポーネントのマッピングなどを含みます。

そして、StackNavigator オブジェクトを AppRegistryregisterComponent に設定します。

const MyApp = StackNavigator({
  SCREEN1: { screen: Screen1 },
  SCREEN2: { screen: Screen2 },
});

AppRegistry.registerComponent('nav1', () => MyApp);

このルート名を使って、navigate('SCREEN1') を呼べば Screen1 画面に遷移し、 navigate('SCREEN2') とすれば Screen2 画面に遷移することになります。

navigate メソッドは、プロパティとして渡される navigation オブジェクトのメンバーです。

navigate メソッドの第2引数に、次の画面に渡すパラメータを指定できます。

以上の仕組みで、画面遷移し、かつ、パラメータを渡すことができます。

ホーム > React Navigation > スタックナビゲータの使用方法